無理をするダイエットは長続きしません。

 

ダイエットの成功は体重が減ることではなく、その体重を維持し続けることだからです。

 

そのため、ハードなダイエットを行えば短期間で痩せることはできますが、リバウンドという危険性があるのです。

 

そうならないために、食べても太りづらいダイエット方法がオススメです。

 

そのためには、食べても太りづらい食材を選ぶ必要があります。

 

Saito Farmの『ニュージーランド牧草飼育牛』もそんな食材の1つです。

 

Saito Farmのニュージーランド牧草飼育牛で糖質制限ダイエット

『出典・Saito Farm公式サイト』

 

Saito Farmのニュージーランド牧草飼育牛は、スーパーで売られている牛肉とは異なります。

 

私たちが口にしている牛肉は、穀物肥育牛です。つまり、穀物を食べて成長した牛ということです。

 

穀物を与えることで脂肪を蓄えさせるのが目的となります。

 

脂肪があることも旨味に繋がりますが、人間が食べると太る原因にもなるわけです。

 

一方、牧草飼育牛とは牧草だけを食べて育った牛のことです。

 

健康的に育てることで、その肉は赤身が多くなり、高タンパク質で栄養価が高いものとなります。

 

そして、脂肪分が少なくなることも特徴ですね。

 

つまり、牧草飼育牛は糖質制限ダイエットに最適な牛肉ということです。

 

『肉=太る』という考えを持つ方もいるようですが、それは誤解です。

 

タンパク質を摂取しなければ、筋肉を作り出すことはできません。

 

筋肉がなければ、私たちは効率よく代謝を行うことができないのです。

 

代謝が行われることで、体内の脂肪燃焼が促進されますので、ダイエットしやすい体を作り出すことができます。

 

また、「外国のお肉って抵抗がある…」という考えも誤解です。

 

ニュージーランドは、日本よりはるかに牧草飼育が進んだ国です。

 

国土の面積が違うので、当然といえば当然ですね。

 

ストレスなく伸び伸びと育ったニュージーランドの牛肉は、世界で最も安全な食材だと言われています。

 

広大な牧場で牧草だけで大きくなるため、その牛肉は臭みやクセも少なく、食通を唸らせる味わいとなります。

 

美味しくダイエットを試みるなら、Saito Farmで取り扱われているようなニュージーランドの牧草飼育牛がオススメといえるでしょう。

 

≪ニュージーランド牧草飼育牛の詳細はこちら≫

まとめ

ニュージーランドの牧草飼育牛は数々のメディアで取り扱われており、低カロリーで低脂質が話題となっています。

 

さらに、『亜鉛』『共役リノール酸』『ビタミン類』『タウリン』といった栄養素まで摂取できるため、サプリメント要らずなのです。

 

Saito Farmの公式サイトでは、牧草飼育牛の上手な焼き方レシピも紹介されていますので、ぜひチェックしてみると良いでしょう▼


関連ダイエット用品

【からだコントロール 無農薬こんにゃく米】口コミや効果は?

FiNCダイエット家庭教師の口コミや評判は?プロの意見をアプリで聴き放題

【イージースムージーグリーン】口コミや効果、飲み方は?葛の花由来イソフラボンの機能性表示食品

【ベジファス】口コミや効果、解約方法は?中性脂肪や血糖値を抑えるダイエットサプリ

【青切りシークヮーサー&さとうきびファイバ顆粒 】口コミや効果(興福堂)

ダイエット情報

アフリカンマンゴーダイエットの効果や口コミは?

焼き芋ダイエットのやり方や痩せた口コミは?

スープダイエットのやり方、7日間のメニューやアレンジは?

暗闇ボクシング(恵比寿)を目覚ましテレビで紹介!消費カロリーはダイエット効果に最適

玉ねぎヨーグルトのレシピや作り方を得する人損する人で紹介!やせ酸の効果でダイエット