モナリザという単語は、一般教養があるなら誰でも分かって当然の言葉ですね。

 

レオナルドダヴィンチが描いた女性の肖像画です。

 

ただ、ダイエット業界で注目を集めている『モナリザ仮説』とは、まったく別物となります。

 

ダイエットはストレス(交感神経)により痩せづらい体質になる

 

『モナリザ仮説』は、モナリザの女性の体型とはまったく関係ありません。

 

これは、とある英文の頭文字を取って作られた言葉となります。

 

その英文を日本語に訳すると『肥満体の多くで交感神経の活動が低下している』という意味になります。

 

交感神経とは、昼間に活動しやすくしてくれるものであり、エネルギー消費が高い状態でもあります。

 

つまり、ダイエットするなら交感神経が働いている状態で行う必要があるわけです。

 

一方、副交感神経というものもあります。

 

これは睡眠時などリラックスするときに働くものであり、昼間に受けた疲労を回復してくれます。

 

この2つの神経がバランスよく働くことで、私たちは健康を維持しているわけです。

 

しかし、私たちは私生活の乱れによって、このバランスが崩れてしまうことがあります。

 

つまり、ストレスがなくならず、ずっとイライラしている・・・寝不足で全然寝れない・・・こういったことが続いていると、交感神経がうまく働かなくなるようです。

 

そのため、エネルギー消費がうまく行えないためにダイエットがうまくいかない・・・それが『モナリザ仮説』なのです。

 

まだまだ仮説の段階のようですが、肥満で悩んでいる人々を調べたところ、ほとんどの人が交感神経が低下していることが分かっているのです。

 

自律神経の乱れを改善する方法

交感神経は、やる気とも言い換えることができます。

 

朝から気分が上がらないのも、自律神経の乱れが原因といえるでしょう。

 

自律神経の乱れを予防する方法は、交感神経と副交感神経のバランスをしっかりと保つことが大切です。

 

どうすればいいかというと、ストレスと睡眠不足を改善することです。

 

ただ、寝不足のほうは仕事のせいで難しい方もいるでしょう。

 

なので、最低でも精神的なストレスを改善しなければなりません。

 

ストレスを改善するということは、リラックスする時間を作るということです。

 

つまり、趣味の時間をしっかりと持つことが重要なのです。

 

もしくは適度な運動、またはカルシウムの摂取もイライラを抑制するといわれています。

 

まとめ

ダイエットの結果に固執することも大事ではありますが、まずは痩せやすい精神状態を作り出すことも必要なのかもしれません。

 

まずは、辛いと思わないダイエット方法を探すことを目指しましょう。

 

汗を流すことが好きという方は、室内エクササイズでダイエットを行う方法が良いでしょう▼

美容総合サイト【キレイズム】

運動が嫌いな方は、置き換えダイエットで体重を減らしていくとよいでしょう▼



 

世の中には、エステに通うだけでダイエット効果が得られる場所もあります▼



ぜひ、自分にあったダイエット方法を探してみるとよいでしょう。あなたに合うダイエット方法は、必ずあるはずです。

 

関連ダイエット用品

【24/7ワークアウト】口コミやトレーナー、ダイエット結果を紹介

【オーダーサプリ】口コミや評判は?医師が選んだダイエットサプリセット

【アグリのしあわせ健康茶】口コミや効果は?ダイエット成分で元気な体に

【ぷりぷりプリンセス】口コミや効果は?ダイエットサプリは有名人も御用達

【ベイザー脂肪吸引THE CLINIC】口コミや体験談は?顔のダウンタイムが圧倒的に短い!

ダイエット情報

【ダイエット】日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ8月17日!モナリザ仮説とは?

【ローラの休日】ピーマン冷や汁のレシピがダイエットと美容効果が期待できる

おからパウダーダイエットの口コミやレシピ、量の注意点をブログで紹介!

体脂肪を減らす料理をホンマでっかTVでレシピを紹介!ドライカレーと丸ごとトマトの豆腐ペースト

朝アイスクリームダイエットのやり方や効果は?ハーゲンダッツでも大丈夫?